魅力覚醒アートスペース   atelier Lichit Blume

ヴォイスヒーリング エステ リラクゼーションであなた本来の魅力・才能開花を目指す女性専用アトリエです

営業時間・情報

12時~20時30分
不定休
最終受付19時

ブログ 想うこと

何かを得ても物足りなさを感じることはありませんか?

おはようございます!

アートで貴方の魅力が潜在意識から目覚める!
魅力覚醒アーティスト 水埜奏です。

 

当ブログを読んで下さり
ありがとうございます。

 

寒くなってくると、
ちょっと夏が恋しくなったりしませんか?

真夏の時は、
暑すぎて涼しくなって欲しいと思う。

 

最初は、少しぐらい職場から遠くても、
家賃が良心的で
住みやすい間取りの家が良かったけど、

毎日の朝ラッシュ時の通勤で、
やっぱり職場の近くに住みたいと思う。

 

ずっと憧れていた職業に就いたけど、
かなりハードな仕事で休みの日は寝て過ごす。

遊びに行く時間もなかなかできない。

ストレスたまっちゃうし、
もっと楽な仕事が良いな。

ストレス・溜息

なんて話、少なくないのではないでしょうか?

 

この他にも、地位や名誉を手に入れても、
またそれよりも大きなものが欲しくなったり。

 

お金も、得ても得ても、
やっぱり足りないと思う。

 

これって、誰にでもあることです。

 

何かを得ても、
他に足りないものを見つける。

何故満足できないのか?

 

幸せと思えず、
時には不足を埋めないと不安になったり。

この先、どうなるか分からない不安。

 

その不安の最終地点って、
自分がもし死んだら?

 

例えば、収入が無くなって、
食べるものも買えず餓死したら?

現代社会でも、
若い女性が餓死した事件がありました。

現実に、有りうることです。

 

こうして、不安や恐怖、不満、妬みなど
幸せを感じることと逆の感情が
生まれるのは何故か?

 

その原因は仏教で言う
『疑情』が原因なのだそうです。

疑情=無明の闇であるそうです。

 

無明の闇とは『暗い心』を言うそうです。

 

この、暗いというのは
『よく分からないこと』だそうです。

 

死んだ後の事がよく分からない
という解釈のようです。

 

未知のものって、怖いですよね?

 

身近な例で言えば、
私の体験談ですが、

引っ越したばかりの家の
明かりをつけたら、
電灯のカバーに黒い陰が見えました。

 

何だろう?
何か変な虫かな?

虫だったらどうしよう・・・

 

嫌だな、怖いな・・・
でも、ずっとこのままも嫌だし。

 

管理会社の方に
カバーを外してみてもらいました。

 

カバーをはずした瞬間、
黒いものが落ちてきました。

 

私も、管理会社の人も、
『うわーっ!!』って大声上げて、
ものすごくびっくりしました。

 

そして、
その黒い影を恐る恐る見たら、

恐怖

 

電灯の予備の部品でした・笑

 

それでも、
なんだか分からない時って怖いですよね。

 

予め、電灯のカバーに部品があると
知っていたら余裕の対応でした。

 

逆に、今、何故その状態が起きているか?

 

それが分かれば、
対応策も練りやすく
落ち着いて対応しやすいです。

 

何かを差し出して失っても、
必ずその代わりに他のものが
入ってきます。

それが、望んだものかどうかは別として。

 

いずれにしても、
何かを出してスペースを空けるからこそ
新たなものが入ってきます。

 

そして、
元々自分が持つ『器』というスペースを
今以上に広げる方法は

《自分の持っているものを
出し切ること》

自分自身を出し切ったとき、
その出した倍以上のものが入ってくるそうです。

 

自分の持っている知識や経験

物資や時間、体力、気力

いろいろあるかと思いますが、

自分自身の持てるものを出し切ったとき、
貴方の器は大きくなり、
より多くのものを受け取れます。

 

何かを差し出したらなくなる。

自分が損をするということは、
本質を見ると無いのかもしれません。

 

例え騙されて失ったとしても、
それが経験で注意して対応できたり、
誰かに助言できたり。

更には、
その悔しさが原動力を得る為の
きっかけであったり。

 

そしてね、
押し売りではなく、
心から自分自身の持てるものを出した時、

それは、感謝をされることにつながる
ことが多いです。

 

感謝をされるということは、
徳を積むことです。

 

私が思うのは、
その『徳こそが、無明の闇を照らす明かり』
そう感じています。

 

そして、例えば自分の持てる知識を
惜しみなく出した時、
受け取った人がまた別の人に伝える。

 

どんどん広がっていくのです。

 

貴方の『徳』という明かりが、
どんどんその先を照らしていく。

まるで、シンギングボールが
奏でる倍音のように、
どんどん広がり、
その音は人の心や場所を浄化し、
清らかにしていく。

シンギングボール

そして、
その清らかな心を
手に入れた人たちから、

また、

感謝の気持ちが生まれる。

 

本当は出すことって、
失うことでは無いように思うんです。

 

何もなくなってはいない。

貴方は、それ以上を得る条件を
ただ整えたに過ぎない。

 

私がこうしてブログを書くのも、
そういった『向上心』という欲があるから。

 

それでは、
貴方の今日がより充実した一日になりますように。

心からお祈り申し上げます。

 

命を奏でる
魅力覚醒アーティスト 水埜奏

-ブログ, 想うこと
-, , , , ,